Scratch(スクラッチ)& ロボットプログラミング教室

Scratch(スクラッチ)「イライラ棒ゲーム(Frustration Game)」作り方の説明

スタートボタンを押すとマウスポインターについてくる紫色の丸を、ランダムに回転する赤い枠を避けながら、中心まで移動させるイライラ棒ゲーム(Frustration Game)を作りました。

作り方はそれほど難しくありません。Scratch(スクラッチ)を始めた頃に作ることが多い、「避けゲーム」のプログラミング構成と同じような考え方で実現できます。一般的な「避けゲーム」の敵キャラは、モノが落ちてきたり、怪物が追いかけてきたりしますが、イライラ棒ゲームの場合の敵キャラは回転する赤い枠と考えて下さい。「避けゲーム」で使用される「何かに触れたら〇〇する」という基本的な制御系スクリプトでも、少し視点を変えたり工夫をしたりすれば、様々な種類のゲームを作ることが出来ますので、ぜひ試してみて下さい。

上図の左側のスクリプトでは、赤い枠の回転方向や回転スピードを時間毎に変えています。回転方向を0か1の乱数にしていますが、右回転は+1、左回転は-1としたいので、乱数(0か1) に対して2を掛け算し、0か2に変換した1を引き算して、-1か1に変換しています。こちらの変換式は、赤枠のスクリプトにて実行しています。この変換式を使わなくても、条件ブロックを使って乱数0なら右回転、1なら左回転とすることも可能です。

また、赤色の枠のコスチュームは、ところどころスペースが開いている訳ではなく、背景色と同じ黒でスペース部分を覆っています。赤色のスプライト自体で当たり判定をしているのではなく、赤い色で当たり判定しているため、このような手抜きコスチュームでもゲームは問題なく動作します。

【イライラ棒ゲーム (Frustration Game)】

【キッズ・プログラミング教室KIDSPROについて】

【Scratch(スクラッチ)コースの紹介動画】

457