Scratch(スクラッチ)専門のプログラミング教室

キッズ・プログラミング教室KIDSPRO-授業の流れ

ScratchコースやScratchJrコースでは、たくさんの種類のScratchプログラム、レゴWeDo2.0やMakey Makeyや携帯センサーと連動させるプログラミングなど行います。毎回授業のテーマやポイントが違いますので、その日のテーマやポイントの説明を授業の最初に行います。

2) 作りたいプログラムのアイディアや特徴を、絵や文字を使ってテキストに書き出す

絵や文字を使って自分のアイディアや特徴を書きだすことにより、自分の考えが整理できるようになり、新たなアイディアを出す方法を学ぶことが出来ます。

3) ScratchまたはScratchJrによるプログラミング

キッズ・プログラミング教室東京校の授業は90分ですので、説明やアイディアを考える時間を除いても60分以上のプログラミングを行う時間があります。

4) 仲間同士で、自分の作ったプログラムについて、上手く出来たこと、工夫が必要だったこと、出来なかったことについて話し合う

授業の後半は、その日作ったプログラムを仲間同士で話し合います。

話し合うポイントは、

  • 自分の思い通りできたこと
  • 工夫が必要だったこと
  • 思ったように出来なかったこと

の3つです。

自分自身と仲間からのフィードバックを得ることにより、自分とは異なる考え方や意見があることを知り、自分自身の理解度が深まり、未来への学習意欲が高まります。

【関連する投稿ページ】

・アンガーマネジメントキッズ講座開催のお知らせ
・Hanakoママ「保育園キッズの習いごと」特集に紹介
・javaやC言語などの学習コースがない理由
・プログラミングと学力(勉強)の関係性について
・TBSラジオ「THE FROGMAN SHOW AI共存ラジオ 好奇心家族」に出演
・アイディア(思考)を実現化させる
・授業の流れ(キッズ・プログラミング教室KIDSPRO)
・地域情報ウェブマガジン荒川102に取材して頂きました
・プログラミング教育の必要性について
・プログラミング教育による効果について

【Scratch(スクラッチ)コースの紹介動画】

100