Scratch(スクラッチ)専門のプログラミング教室

5歳~7歳幼児向けScratchJr(スクラッチ・ジュニア)とは?

ScratchJr(スクラッチ・ジュニア)は、5歳~7歳を対象としたプログラミングの基礎の基礎を学ぶためのビジュアル・プログラミング言語です。小学生以上を対象とするScratchを、5歳~7歳の幼児に適したインタフェースやプログラミング言語に再設計したものがScratchJrです。

次のようなゲームをScratchJr(スクラッチ・ジュニア)で作ることが出来ます。

2) 幼児でも簡単に使えるタブレットやiPadで動作

Scratchが8歳以上を対象とし、パソコン上で動作する無料Webアプリケーションであるのに対し、ScratchJr(スクラッチ・ジュニア)は5歳~7歳を対象とし、幼児でも簡単に使えるAndroidタブレットやiPadで動作する無料アプリケーションです

3) 「問題を解決する方法」「創造する力」「表現力」が身に付く

Scratchのように複雑なプログラミングを作ることは出来ませんが、自分で考えた動きのある物語やゲームもプログラミングすることが出来ます。

そして、子供たちは自分で考えた物語やゲームを作る過程で、

「問題を解決する方法」

「新しいものを創造すること」

「表現すること」

を学ぶことが出来ます

【関連する投稿ページ】

・ScratchJr(スクラッチ・ジュニア)で作った「迷路ゲーム」の動画説明
・ScratchJr(スクラッチ・ジュニア)で作った「避けゲーム」の動画説明-1/2
・ScratchJr(スクラッチ・ジュニア)で作った「避けゲーム」の動画説明-2/2
・ScratchJr(スクラッチ・ジュニア)で作った「あいうえお」ゲームの説明動画-1/2
・ScratchJr(スクラッチ・ジュニア)で作った「あいうえお」ゲームの説明動画-2/2

【Scratch(スクラッチ)コースの紹介動画】

76