Scratch(スクラッチ)専門のプログラミング教室

ScratchJr(スクラッチ・ジュニア)「UFOキャッチャーゲーム」作り方説明動画

UFOキャッチャーゲームを5~7歳向けのScratchJr(スクラッチ・ジュニア)で作りました。

ゲームスタートすると、UFOキャッチャーのアームと左矢印のキャラクターが表示されます。左矢印キャラクターをタップすると、アームが左方向に動き出し画面左下に賞品のペンギンと魚が現れます。その後、下矢印キャラクターが表示されるのでこれをタップするとアームは下方向に移動し、ストップボタン用の丸いキャラクターが現れます。この丸をタップすると、アームが物を掴む状態になるので、良いタイミングでタップすればペンギンと魚をゲット出来るというゲームです。

UFOキャッチャーでは、アームが左移動→停止→下移動しなければなりません。左矢印キャラクターのタップによりアームを左方向に動かすには、メッセージを送りメッセージを受け取ったアームを左方向に動かすだけで良いのですが、下矢印キャラクターをタップした時は、まず左方向に移動してるアームを停止させなければいけません。そのため、メッセージを受け取った後に、「スクリプトを停止する」ブロックを使ってアームのスクリプトを停止させてから、下方向にアームを移動させています。

また、アームが物を掴むように見せるため、何かを掴んでいる状態のアームキャラクターと手が開いている状態のアームキャラクターの2つを作りました。「消す」「見せる」ブロックを使い、手が開いている状態のアームから掴んでいる状態のアームを表示させれば、アームが何かを掴むように見せることができ、逆に表示させれば何かをリリースしているように見せることができます。スクラッチ・ジュニアの場合、「キャラクターに行く」いうブロックはないので、2つのキャラクターは表示しているかいないかの違い以外のスクリプトは同じにして、常に同じ場所に移動するようにしました。

ゲームの作り方詳細については、下記の説明動画をご覧ください。

【Scratch(スクラッチ)コースの紹介動画】

121

関連記事

第6回デジタルえほんアワードで、KIDSPROスクール生2人がグランプリ受賞と入選
ロボット・プログラミング授業スタート(追加料金なし)
GMOが運営するプログラミング教育ポータルメディア「コエテコ」にKIDSPROが掲載
AmazonDOD売れ筋ランキング1位に!「ゼロから始めるスクラッチゲームプログラミング入門編」