Scratch(スクラッチ)「Makey Makeyプロジェクト」作り方説明動画

Scratch(スクラッチ)「Makey Makeyプロジェクト」作り方説明動画

Scratch(スクラッチ)「Makey Makeyプロジェクト」作り方説明動画

矢印キースペースキー、WASDFGキー、マウス操作を、電気を通す物に変換できるMakey Makeyというインターフェースボードを使い、ユニークなScratch(スクラッチ)プロジェクトを作成しました。

電気を通す物はたくさんありますが、今回のScratch + Makey Makeyプロジェクトでは子供の頃に遊んだスライム、お菓子のグミ、アルミホイルと段ボールで出来たギター、鉛筆で書いたスケッチを使いました。

1つ目のプロジェクトは、Makey Makeyで左右矢印キーとスペースキーをスライムに変換しました。Scratchで作った左右矢印キーで自機を動かし、スペースキーでミサイルが発射されるインベーダーゲームが、スライムをタッチしてプレイできるようになります。

2つ目のプロジェクトは、WASDFGキーをお菓子のグミに変換しました。WASDFGキーを押すとピアノ音が出るScratchプロジェクトを開始すると、お菓子のグミをタッチしてピアノ音が出るようになります。果物、野菜、人などをMakey Makeyで変換すれば、様々な種類のユニークなピアノを作ることが出来ます。

3つ目のプロジェクトは、左右矢印キー、スペースキーを段ボールで作ったギターに付けたアルミホイルに変換しました。左右矢印キーとスペースキーを押すとギター音が出るScratchプロジェクトを開始すると、ボディー部分のアルミホイルを掴み、ネック部分のアルミホイルを触るとギター音が出るようになります。

4つ目のプロジェクトは、WASDFGキーを鉛筆で書いたスケッチに変換しました。Scratch(スクラッチ)プロジェクトは、グミピアノと同じものを使用し、鉛筆のスケッチ部分を撫でるだけで音が出るようになります。

Scratch + Makey Makeyプロジェクトの作り方については、下記の説明動画をご覧ください。

【関連する投稿ページ】

・KIDSPROスクール生 Oちゃん(小学3年)のScratch作品紹介

・KIDSPROスクール生 Yちゃん(小学2年)のViscuit作品紹介

・レゴブースト(LEGO BOOST)によるKIDSPRO授業風景の動画

・Scratch(スクラッチ)「Makey Makeyプロジェクト」作り方説明動画

・レゴWeDo2.0「モーションセンサーと音センサーによるプログラミング」動画説明

・レゴWeDo2.0とは?

・Scratch+レゴWeDo+Makey Makey連動「イライラ棒ゲーム」動画説明

・Scratch(スクラッチ)+レゴWeDo2.0連動「カメラ遠隔操作システム」動画説明

・Scratch(スクラッチ)+レゴWeDo2.0連動、遠隔スイッチOFFシステムの動画説明-1/2

・Scratch(スクラッチ)+レゴWeDo2.0連動、遠隔スイッチOFFシステムの動画説明-2/2


Scratch(スクラッチ)、Makey Makey、レゴWeDO2.0に興味がある方は、キッズ・プログラミング教室の無料体験コースにご参加ください。

【無料体験コースの詳細について】

小学生以上向けのScratch無料体験コースについて

5~7歳幼児向けのScratchJr無料体験コースについて