Scratch(スクラッチ)+レゴWeDo2.0連動、遠隔スイッチOFFシステムの動画説明-1/2

Scratch(スクラッチ)+レゴWeDo2.0連動、遠隔スイッチOFFシステムの動画説明-1/2

Scratch(スクラッチ)とレゴWeDo2.0を連動させた、遠隔スイッチOFFシステムの動画説明

Scratch(スクラッチ)は、レゴWeDo2.0と接続する事が可能です。

接続方法は、動画説明(チュートリアル)でも流れを説明していますが、レゴWeDoのHUB(ハブ)をパソコンとBluetoothで接続し、スクラッチ側で「その他」のスクリプトグループから「拡張機能を追加」ボタンを押すと、スクラッチのスクリプトブロックでレゴWeDoを動かす事が出来ます。

レゴWeDoモーターセンサーにより白い長細いバーが前後に動くレゴブロックを作りました。これを、電源スイッチの近くに設置し、スクラッチプログラミングにより遠隔で電源スイッチをOFFにすることが出来るシステムを作りたいと思います。

実際に上手く動作したかどうかは、次回2/2の動画説明(チュートリアル)を見てください。

【関連する投稿ページ】

・レゴブースト(LEGO BOOST)によるKIDSPRO授業風景の動画

・Scratch(スクラッチ)「Makey Makeyプロジェクト」作り方説明動画

・レゴWeDo2.0「モーションセンサーと音センサーによるプログラミング」動画説明

・レゴWeDo2.0とは?

・Scratch+レゴWeDo+Makey Makey連動「イライラ棒ゲーム」動画説明

・Scratch(スクラッチ)+レゴWeDo2.0連動「カメラ遠隔操作システム」動画説明

・Scratch(スクラッチ)+レゴWeDo2.0連動、遠隔スイッチOFFシステムの動画説明-1/2

・Scratch(スクラッチ)+レゴWeDo2.0連動、遠隔スイッチOFFシステムの動画説明-2/2


【Scratch(スクラッチ)コースの紹介動画】

【無料体験コースの詳細について】

・Scratch無料体験コース(小学生以上向け)

・レゴWeDo+ScratchJr無料体験コース(5~7歳幼児向け)