アイディア(思考)を実現化させる授業

アイディア(思考)を実現化させる授業

アイディア(思考)を実現させるためのステップ

「思考は現実化する」と言われますが、その思いが曖昧だったり、すぐに忘れてしまうようなものだとすると、実際に思考を現実化させることは出来ないのではと思います。

キッズ・プログラミング教室では、キッズ・プログラミング教室KIDSPRO-授業の流れでも説明しましたが、Scratchプログラミングを始める前に、自分の作りたいプログラムのアイデアや特徴を、絵や文字を使ってテキストに書き出してもらっています。

自分のアイディア(思考)を絵や文字を使って書き出すことにより、自分のアイディアがより明確になり、アイディア(思考)がより実現化されやすくなります。また、自分のアイディアを整理する過程で、新しいアイディアが生まれるケースもあります。

キッズ・プログラミング教室では、このような小さな成功体験を通じて、自分のアイディアを実現化させる力も身につけてもらいたいと考えています。

スクール生(1年生~4年生)のアイディアシートです。実現したら楽しそうなアイディアばかりで、「妖精ゴールへ行く」というタイトルまで考えていた子もいました。ネーミングセンス素晴らしくないですか。

【関連する投稿ページ】

・アンガーマネジメントキッズ講座開催のお知らせ

・Hanakoママ「保育園キッズの習いごと」特集に紹介

・javaやC言語などの学習コースがない理由

・プログラミングと学力(勉強)の関係性について

・TBSラジオ「THE FROGMAN SHOW AI共存ラジオ 好奇心家族」に出演

・アイディア(思考)を実現化させる

・授業の流れ(キッズ・プログラミング教室KIDSPRO)

・地域情報ウェブマガジン荒川102に取材して頂きました

・プログラミング教育の必要性について

・プログラミング教育による効果について


【Scratch(スクラッチ)コースの紹介動画】

【無料体験コースの詳細について】

・Scratch無料体験コース(小学生以上向け)

・レゴWeDo+ScratchJr無料体験コース(5~7歳幼児向け)