インタラクティブ・ティーチング

インタラクティブ・ティーチング

年齢、レベル、意欲等に合わせた指導

キッズ・プログラミング教室の指導方法は、学校や学習塾のように先生が教壇に立って教鞭をとるのではなく、インタラクティブ・ティーチング・メソッドという指導方法を実施しております。

先生から生徒に対して知識やスキルを教えるといういう一方向的な指導方法ではなく、生徒からの意見や疑問や質問を大切にし、生徒と生徒の間で双方向的に対話をしながら相互型指導を行います。そのため一人の先生が担当できる生徒数は少なく、キッズ・プログラミング教室では一人の先生が3~4人の生徒を担当します。

インタラクティブ・ティーチングにより、一人の先生が3~4人という少人数の生徒を担当し、それぞれの年齢、レベル、意欲等に合わせた指導を行います。


生徒から自発的に生まれた興味や疑問を大切にする相互型指導なので、生徒の創造力や発想力が高まり、同時に理解力も深まる事が期待されます。


ScratchとScratchJrコースについて

詳しく見る

ScratchとScratchJr無料体験のお申込み

お申込みフォーム