自分の作品を発表する機会も

自分の作品を発表する機会も

自分を表現し、他の人と話し合う力も

授業前半では、プログラミングを始める前に、自分が作りたいプログラムのアイディアや特徴をテキストに書き出し、自分の考えを整理し新しいアイディアを出す方法も学びます。

プログラミングを行った後の授業後半では、仲間同士で、自分の作ったプログラムを発表し、上手く出来たこと、工夫が必要だったこと、出来なかったことについて話し合います。

自分自身と仲間からのフィードバックを得ることにより、自分とは異なる考え方や意見があることを知り、自分自身の理解度が深まり、未来への学習意欲が高まります。


ScratchとScratchJrコースについて

詳しく見る

ScratchとScratchJr無料体験のお申込み

お申込みフォーム